大会情報・NEWS|沖縄県南風原町にある金武卓球道場

  • トップページ
  • 生徒募集
  • 選手紹介
  • 道場の歩み
  • 大会情報NEWS
  • 卓球台使用料
  • お問い合わせ
金武卓球道場
  • 金武卓球道場

  • 〒901-1116
    沖縄県南風原町字照屋35-1
  • TEL:090-4355-5096
  • 受付時間:10:00~20:00
リンク:大会情報

リンク:大会成績

リンク:アクセス
TOP  > 大会情報・NEWS

一般開放

5月5日(こどもの日)

14:00から18:00まで一般に開放します。
費用:お一人様500円

クラブ員募集

クラブ員募集・練習風景

男子社会人チームメンバーを募集します。

現在6人のメンバーで職域団体3部で頑張っています。


レディースチームメンバー募集します。

現在7人のメンバーで各地の大会参加に向けて強化中です。


どなたでも大歓迎です。お気軽にお問い合わせください。
連絡先:金武卓球道場 090-4355-5096

大会情報

金武卓球道場オープン卓球大会参加者募集

期 日:令和元年8月12日(月)13:00~19:00
    令和元年9月16日(月)13:00~19:00
会 場:金武卓球道場
種 目:男女総合個人戦
    6~7名のグループで予選リーグを行い、各グループ順位別の決勝トーナメントを行う。
    小学生から大人まで、幅広い年齢層の方が参加する楽しい大会です。
    当道場が誇る県小学生チャンピオン、中学生チャンピオン、
    未来のチャンピオン候補達も大勢参加します。あなたもチャレンジしてみませんか?
    


大会風景


    

定 員:先着35名
申 込:大会前日までに申し込んで下さい。但し、定員に達し次第締め切ります。
費 用:大人1000円、高校生以下900円
賞 品:各グループの1位、2位に賞品を授与します。
    *毎月開催します。
    
     連絡先:金武卓球道場 090-4355-5096

最新大会成績

平成31年 第39回新報児童オリンピック卓球大会
期日:令和元年7月21日 会場:県総合体育館
  知念奏帆(金武卓球道場)が昨年の三年生以下に続き四年生以下を制覇
  団体戦は男女共三位
<男子シングルス六年生以下>
 準決勝
 玉城 廉(金武卓球道場)0-3玉城真佑(レオフォルテ)
<男子シングルス五年生以下>
 決勝
 佐久田朝躍(金武卓球道場)1-3牧志拓夢(ハッピー)
<男子シングルス四年生以下>
 準決勝
 原國政翔(金武卓球道場)0-3比嘉輝人(アスティダ)
<女子シングルス六年生以下>
 準決勝
 銘苅希葵(金武卓球道場)0-3熊田陽花(レオフォルテ)
<女子シングルス四年生以下>
 決勝
 知念奏帆(金武卓球道場)3-2吉里琉花(コザ)
全日本卓球選手権大会(ホープス、カブ、バンビの部)県予選
期日:平成31年4月21日  会場:県立武道館
 玉城廉ホープス四位、平良孝太郞バンビ三位
<男子ホープス>
 決勝リーグ
 玉城廉(金武卓球道場)0-3 方(宮古)
 玉城廉(金武卓球道場)1-3 浜川(エナジック)
 玉城廉(金武卓球道場)0-3 玉城(玉城)
<男子バンビ>
 決勝リーグ
 平良孝太郞(金武卓球道場)0-3 宮城(琉球レオ)
 平良孝太郞(金武卓球道場)3-0 與那覇(ハッピー)
 平良孝太郞(金武卓球道場)3-0 仲松(リュウタク)
第37回全国ホープス大会兼全九州卓球選手権大会(小学生の部)県予選
期日:令和元年5月12日  会場:県総合体育館
 金武卓球道場は男女団体で惜しくも準優勝!
<男子団体>
 準決勝
 金武卓球道場 3-2 エナジック
 決勝
 金武卓球道場 2-3 琉球レオ
<女子団体>
 準決勝
 金武卓球道場 3-2 琉球レオ
 決勝
 金武卓球道場 0-3 宮古島クラブ
第36回NHK杯県中学生卓球選手権大会
期日:令和元年5月11日~12日  会場:沖縄市体育館
 女子ダブルス、シングルスともベスト8惜敗
<女子ダブルス>
 準々決勝
 宮城菜々美・原國柚月(金武卓球道場) 0-3 田畑・平良(エナジック)
<女子シングルス>
 宮城菜々美(金武卓球道場) 0-3 熊田(琉球レオ)
第28回東アジアホープス大会県予選
期日:平成31年3月3日  会場:県総合体育館
 玉城廉準優勝、玉城一真三位、玉城真佑三位 女子は上位進出ならず

<男子シングルス>

 準々決勝
 玉城真佑(金武卓球道場)3-0 浜川泰地(エナジック)
 玉城 廉(金武卓球道場)3-1 顧(エナジック)
 玉城一真(金武卓球道場)3-0 親泊杜築(エナジック)

 準決勝
 玉城真佑(金武卓球道場)0-3 方(宮古島)
 玉城 廉(金武卓球道場)3-2 玉城一真(金武卓球道場)

 決勝
 玉城 廉(金武卓球道場)0-3 方(宮古島)
第38回県小学生卓球大会
期日:平成31年2月3日  会場:県総合体育館
男子シングルス低学年の部で玉城真佑(金武卓球道場)が優勝!
<男子団体低学年の部>
 準々決勝
 金武卓球道場A 3-0 ドリーム高山
 金武卓球道場B 0-3 ハッピ-学童A

 準決勝
 金武卓球道場A 3-0 エナジックB

 決勝
 金武卓球道場A 1-3 エナジックA

<男子団体高学年の部>
 準決勝
 金武卓球道場A 3-0 エナジックB
 金武卓球道場B 1-3 エナジックA

 決勝
 金武卓球道場A 2-3 エナジックA
<男子シングルス低学年の部>
 準々決勝
 玉城真佑(金武卓球道場)3-0 小松優心(エナジック)
 佐久田朝躍(金武卓球道場)3-2 永田琉(ハッピ-)
 原國政翔(金武卓球道場)1-3 比嘉輝人(エナジック)

 準決勝
 玉城真佑(金武卓球道場)3-0 宮城翔吾(コザ)
 佐久田朝躍(金武卓球道場)1-3 比嘉輝人(エナジック)

 決勝
 玉城真佑(金武卓球道場)3-2 比嘉輝人(エナジック)

<男子シングルス高学年の部>
 準々決勝
 玉城一真(金武卓球道場)3-0 仲村親理(エナジック)
 玉城廉 (金武卓球道場)1-3 方(宮古)
 真栄里心大(金武卓球道場)1-3 桃原弘斗(エナジック)

 準決勝
 玉城一真(金武卓球道場)1-3 玉城龍(西崎)

<女子団体高学年の部>
 準決勝
 金武卓球道場 2-3 宮古島ク

<女子シングルス低学年の部>
 準々決勝
 知念奏帆(金武卓球道場)1-3 吉里琉花(コザ)
県中学校新人卓球選手権大会
期日:平成31年1月19日  会場:県総合体育館
宮城菜々美(金武卓球道場)は惜しくも準決勝で敗退!

<女子シングルス>
 準々決勝
 宮城菜々美(金武卓球道場)3-0 喜久山愛(豊見城中)

 準決勝
 宮城菜々美(金武卓球道場)0-3 宮國悠乃(平良中)

平成30年 第16回全国ホープス選抜大会県予選
期日:平成30年12月16日 会場:名護市21世紀の森体育館
金武卓球道場は三年生以下の部で男女共優勝し、個人戦優勝記録を129回に更新した。

男子三年生以下決勝トーナメント 
<準決勝>
玉城真佑(金武卓球道場)3-0 小松悠心(エナジック)
<決勝>
玉城真佑(金武卓球道場)3-0 比嘉輝人(エナジック)
男子四年生以下決勝リーグ
佐久田朝躍(金武卓球道場)0-3 宮城翔吾(コザ)
佐久田朝躍(金武卓球道場)0-3 上地拓徳(宮古島)
男子五年生以下決勝トーナメント
<準々決勝>
玉城一真(金武卓球道場)3-0 親泊杜築(エナジック)
玉城 簾(金武卓球道場)3-0 国仲峻平(エナジック)
<準決勝>
玉城一真(金武卓球道場)3-0 東政成(コザ)
<決勝>
玉城一真(金武卓球道場)2-3 方(宮古島)。

女子三年生以下
<準決勝>
知念奏帆(金武卓球道場)3-0 吉里流花(コザ)
<決勝>
知念奏帆(金武卓球道場)3-0 安里彩希(コザ)
女子五年生以下決勝リーグ
銘苅希来葵(金武卓球道場)2-3 田畑優希(エナジック)
銘苅希来葵(金武卓球道場)1-3 池間優衣(宮古島)
銘苅希来葵(金武卓球道場)1-3 宮国由梨乃(宮古島)

第19回全九州卓球選手権中学生の部県予選
期日:平成30年12月22日 会場:県総合運動公園体育館
宮城菜々美(金武卓球道場)は惜しくも五位
<五位決定戦>
宮城菜々美(金武卓球道場)3-1 平良百喜(エナジック)

卒業生も大活躍!

2018年度インターハイ 
期日:8月3日~8日 会場:愛知県:スカイホール豊田
大城萩一(金武卓球道場・熊本慶応誠高)が団体戦で二勝を上げ大活躍、慶誠高校
初のベスト16入りの立役者となった。

熊本県高校新人卓球選手権大会
期日:10月27日
男子シングルス優勝 大城萩一

全日本卓球選手権大会ジュニアの部熊本県予選
期日:11月10日
男子シングルス優勝 大城萩一

全九州卓球選手権大会一般の部熊本県予選
男子シングルス三位 大城萩一

2018年度城間杯県高校卓球選手権大会
期日:8月25日~26日
女子シングルス優勝 當銘穂佳(金武卓球道場・那覇高)

第69回全九州秋期学生卓球選手権大会
期日:8月29日~30日
女子シングルス優勝 城間春香(金武卓球道場.中村学園.福岡大学)

全日本卓球選手権大会ジュニアの部県予選

期日:平成30年10月7日  会場:県総合体育館

宮城菜々美(金武卓球道場)が昨年に続きベスト4に入るも代表権獲得成らず
 
<女子シングルス>
準々決勝
宮城菜々美(金武卓球道場)3-2友寄綾香(琉球アスティダ)
決勝リーグ
宮城菜々美(金武卓球道場)2-3熊田(琉球アスティダ)
宮城菜々美(金武卓球道場)1-3當銘(那覇高)
宮城菜々美(金武卓球道場)1-3知花(普天間高)

全日本卓球選手権大会カデットの部県予選

期日:平成30年9月2日  会場:豊見城市民体育館

男子13歳以下シングルス
<準々決勝>
玉城 廉(金武卓球道場) 0-3 方洋人(宮古島)
玉城一真(金武卓球道場) 2-3 バック海人(コザクラブ)

女子13歳以下シングルス
<準々決勝>
宮城菜々美(金武卓球道場) 2-3 熊田陽花(琉球アスティダ)


平成30年度パスウエイ事業(九州ブロック)
 期日:平成30年9月28日~30日 会場:中間市民体育文化センター(福岡)
カデットの総当たりリーグ戦(各県から2名参加)で玉城真佑(金武卓球道場)は16名中8勝7敗で7位 

全日本卓球選手権大会カデットの部県予選

期日:平成30年9月2日  会場:豊見城市民体育館

男子13歳以下シングルス
<準々決勝>
玉城 廉(金武卓球道場) 0-3 方洋人(宮古島)
玉城一真(金武卓球道場) 2-3 バック海人(コザクラブ)

女子13歳以下シングルス
<準々決勝>
宮城菜々美(金武卓球道場) 2-3 熊田陽花(琉球アスティダ)


平成30年度パスウエイ事業(九州ブロック)
 期日:平成30年9月28日~30日 会場:中間市民体育文化センター(福岡)
カデットの総当たりリーグ戦(各県から2名参加)で玉城真佑(金武卓球道場)は16名中8勝7敗で7位 

第36回全国ホープス卓球大会

期日:平成30年8月14日~16日
会場:東京・エスフォルタアリーナ八王子

男子団体予選リーグ

金武卓球道場 3-2 長野JTC(長野)
 本仲崚雅  3-2  伊藤大輝
 玉城真佑  0-3  吉江和也
w玉城真佑      伊藤大輝
 玉城一真  1-3  佐藤岳
 本仲崚雅  3-2  吉江和也
 玉城一真  3-2  佐藤岳
  
金武卓球道場 0-3 薄根卓球(群馬)
 本仲崚雅  2-3  長尾心
 玉城真佑  0-3  長尾咲陽人
w玉城真佑      長尾心
 玉城一真  1-3  関大翔

金武卓球道場 0-3 卓伸クラブ(愛知)
 玉城真佑  0-3  橋本悠嵩
 本仲崚雅  1-3  太田理貴
w玉城真佑      都築和仁
 玉城一真  0-3  永井仁志 

全日本卓球選手権大会カブの部

期日:平成30年7月27日~29日
会場:兵庫県・グリーンアリーナ神戸

玉城真佑(金武卓球道場)が32強

<予選リーグ>
玉城真佑(金武卓球道場)3-0 新田頼葵(三重)
玉城真佑(金武卓球道場)3-2 中尾友飛(東京)
<決勝トーナメント>
一回戦
玉城真佑(金武卓球道場)3-2 大島良太(秋田)
二回戦
玉城真佑(金武卓球道場)0-3 持田陽向(岐阜)

新報児童オリンピック卓球大会

期日:平成30年7月15日
会場:宜野湾市体育館

金武卓球道場、三チームが決勝進出!
男子団体A優勝、男子団体B準優勝、女子団体準優勝
男子五年生以下優勝玉城一真(金武卓球道場)
三年生以下優勝玉城真佑(金武卓球道場)
女子三年生以下優勝知念奏帆

<男子団体>
準決勝
金武卓球道場A 3-2 エナジックA
金武卓球道場B 3-0 コザ卓球クラブA
決勝
金武卓球道場A 3-0 金武卓球道場B

<男子個人>
六年生以下
準々決勝
本仲崚雅(金武卓球道場) 3-0 仲村親理(エナジック)
真栄里心大(金武卓球道場)2-3 玉城龍(西崎クラブ)
準決勝
本仲崚雅(金武卓球道場) 3-2 桃原弘斗(エナジック)
決勝
本仲崚雅(金武卓球道場) 1-3 宇地泊友陽(ドリーム)
五年生以下
準々決勝
玉城一真(金武卓球道場) 3-0 福地悠太(ドリーム)
平良健太郎(金武卓球道場)3-0 親泊杜築(エナジック)
玉城廉(金武卓球道場)  3-0 東政成(コザクラブ)
準決勝
玉城一真(金武卓球道場) 3-1 浜川泰地(エナジック)
玉城廉(金武卓球道場)  3-1 平良健太郎(金武卓球道場)
決勝
玉城一真(金武卓球道場) 3-0 玉城廉(金武卓球道場)
四年生以下
準決勝
佐久田朝躍(金武卓球道場)3-0 寺崎翔大(ハッピー)
決勝
佐久田朝躍(金武卓球道場)1-3 宮城翔吾(コザクラブ)
三年生以下
準々決勝
玉城真佑(金武卓球道場) 3-0 宮城遥希(アスティダ)
原國政翔(金武卓球道場) 3-1 仲里豊吾(アスティダ)
奥間ニイナ(金武卓球道場)0-3 比嘉輝人(エナジック)
準決勝
玉城真佑(金武卓球道場) 3-0 小松優心(エナジック)
原國政翔(金武卓球道場) 1-3 比嘉輝人(エナジック)
決勝
玉城真佑(金武卓球道場) 3-0 比嘉輝人(エナジック)

<女子団体>
準決勝
金武卓球道場 3-2 エナジックA
決勝
金武卓球道場 1-3 琉球アスティダA
三年生以下
準決勝
知念奏帆(金武卓球道場)3-0 中山しげる(祐斗クラブ)
決勝
知念奏帆(金武卓球道場)3-0 王田好美(ハッピー)


大会風景 大会風景


大会風景

県中学生卓球選手権大会

期日:平成30年6月23日、24日
会場:那覇市民体育館
宮城菜々美(金武卓球道場)が優勝!

<女子シングルス>
 準々決勝
 宮城菜々美(金武卓球道場) 3-0 大城ひなね(名護中)
 準決勝
 宮城菜々美(金武卓球道場) 3-0 平良百喜(石田中)
 決勝
 宮城菜々美(金武卓球道場) 3-1 田畑明希(宜野湾中)

第35回NHK杯中学生卓球大会

期日:平成30年5月19~20日
会場:豊見城市体育
宮城菜々美(金武卓球道場)が」準優勝

<女子シングルス>
 準々決勝
 宮城菜々美(金武卓球道場) 3-2 上原希梨花(高嶺中)
 準決勝
 宮城菜々美(金武卓球道場) 3-2 友寄綾香(琉球アスティダ)
 決勝
 宮城菜々美(金武卓球道場) 1-3 宮国悠乃(平良中)

全日本卓球選手権大会(ホープス・カブ・バンビの部)
兼全九州卓球選手権大会(小学生の部個人)県予選

期日:平成30年4月15日
会場:沖縄市体育館

<男子バンビ>
 林同佑(金武卓球道場)三位 平良考太郎(金武卓球道場)五位
<男子カブ> 
玉城真佑(金武卓球道場)が優勝、佐久田朝躍(金武卓球道場)三位
 原國政翔ベスト8
<男子ホープス> 
 本仲崚雅(金武卓球道場)二位
 玉城真佑(金武卓球道場)、玉城廉(金武卓球道場)ベスト8
 
*玉城真佑、本仲崚雅は7月27日~30日まで兵庫県で開催される
 全日本卓球選手権大会、の出場権を獲得した。

第37回県小学生卓球大会 第37回県小学生卓球大会

第36こざ全国ホープス卓球大会兼第23回全九州卓球選手権大会
(小学生の部団体)県予 選

期日:平成30年5月6日
会場:沖縄市体育館

男子は金武卓球道場が優勝し、全国ホープス大会と九州大会の出場権を獲得、
女子は九州大会の出場権を獲得した。

<男子団体>
 準々決勝
 金武卓球道場B 2-3 コザ卓球クラブA
 金武卓球道場A 3-0 コザ卓球クラブB
 準決勝
 金武卓球道場A 3-2 ドリームA
 決勝
 金武卓球道場A 3-2 コザ卓球クラブA
<女子団体>
 準決勝
 金武卓球道場 0-3 宮古島クラブ

第27回東アジアホープス卓球大会県予選

期日:平成30年3月4日
会場:県総合運動公園体育館

本仲崚雅(金武卓球道場)が優勝

<男子>
準々決勝
 本仲崚雅(金武卓球道場)3-2 浜川泰地(与那原)
 玉城一真(金武卓球道場)0-3 玉城龍(西崎クラブ)
準決勝
 本仲崚雅(金武卓球道場)3-1 バック海人(コザクラブ)
決勝
 本仲崚雅(金武卓球道場)3-0 玉城龍(西崎クラブ)

<女子>
準々決勝
 原國柚月(金武卓球道場)1-3 熊田ひまり(琉球アス)

第37回県小学生卓球大会

期日:平成30年1月28日(日)
会場:うるま市石川体育館

第37回県小学生卓球大会

金武卓球道場は男子低学年団体優勝、低学年個人優勝、高学年団体準優勝
女子高学年団体準優勝、高学年個人準優勝

<男子低学年>
団体決勝
 金武卓球道場 3-2 与那原
個人準々決勝
 玉城一真(金武卓球道場)3-0 福地悠太(ドリーム)
 平良健太郎(金武卓球道場)3-1 親泊杜築(与那原)
 玉城真佑(金武卓球道場)3-1 玉城廉(金武卓球道場)
準決勝
 玉城一真(金武卓球道場)3-0 平良健太郎(金武卓球道場)
 浜川奏地(与那原)3-2 玉城真佑(金武卓球道場)
決勝
 玉城一真(金武卓球道場)3-2 浜川(与那原)
 
<男子高学年>
団体決勝
 金武卓球道場 1-3 コザクラブ
個人準々決勝
 本仲崚雅(金武卓球道場)1-3 比嘉俊貴(コザクラブ)

<女子高学年>
団体決勝
 金武卓球道場 0-3 琉球アスティダ
個人準々決勝
 林 美希 0-3 熊田(琉球アスティダ)
準決勝
 宮城菜々美(金武卓球道場)3-1 嘉陽田(与那原)
決勝
 宮城菜々美(金武卓球道場)0-3 熊田(琉球アスティダ) 

平成29年 第15回全国ホープス選抜卓球大会県予選

期日:平成29年12月17日
会場:県総合運動公園体育館

第15回全国ホープス選抜卓球大会県予選

金武卓球道場は、宮城菜々美、本仲崚雅、玉城一真が優勝し個人の優勝回数を120回に更新した

<男子個人五年生以下決勝リーグ>
優勝 本仲崚雅(金武卓球道場)三勝
二位 バック海人(コザクラブ)二勝一敗
三位 宇地泊友陽(ドリーム) 一勝二敗
四位 玉城龍(西崎クラブ)  三敗
<男子個人四年生以下決勝リーグ>
優勝 玉城一真(金武卓球道場)三勝
二位 浜川泰地(与那原)   二勝一敗
三位 玉城廉(金武卓球道場) 一勝二敗
四位 親泊杜築(与那原)   三敗
<男子個人三年生以下決勝リーグ>
優勝 宮城翔吾(コザクラブ) 二勝一敗
二位 二位 玉城真佑(金武卓球道場)二勝一敗
三位 三位 佐久田朝躍(金武卓球道場)一勝二敗
四位 比嘉輝人(与那原)    一勝二敗
<女子個人六年以下決勝>
優勝 宮城菜々美(金武卓球道場)3-1喜久山愛(宮古島クラブ)

2017年度全日本卓球選手権大会ジュニアの部県予選

期日:平成29年10月8日
会場:県総合体育館

金武卓球道場・宮城菜々美(小六)が三位入賞

<女子シングルス>
準々決勝
宮城菜々美(金武卓球道場) 3-2 當銘穂佳(那覇高校)
決勝リーグ
一位 中村陽菜(普天間高)三勝
二位 比嘉彩百合(コザ高)二勝一敗
三位 宮城菜々美(金武卓球道場)一勝二敗
四位 上原(糸満高)

全日本卓球選手権大会カデットの部県予選

期日:平成29年9月2日~3日
会場:豊見城市民体育館

日本卓球選手権大会カデットの部県予選


宮城菜々美(金武卓球道場)準優勝、本仲崚雅(金武卓球道場)ベスト8

 <男子13歳以下>
4回戦
仲宗根健也(金武卓球道場)0-3桃原(与那原) 
真栄里心大(金武卓球道場)0-3バック(コザ)
5回戦
平良健太郎(金武卓球道場)
玉城一真(金武卓球道場)  0-3伊佐和真(コザ)
玉城真佑(金武卓球道場) 1-3宮城青空(琉球アス)
準々決勝
本仲崚雅(金武卓球道場) 0-3久保田新望(豊見城)
<男子ダブルス>
3回戦
仲宗根健也・真栄里心大(金武卓球道場)0-3井出・バック(コザ)
4回戦
玉城真佑・平良健太郎(金武卓球道場)2-3富原・久高(名護)
準々決勝
本仲崚雅・玉城一真(金武卓球道場)0-3宮城・久保田(琉球アス・豊見城)
<女子13歳以下>
5回戦
林美希(金武卓球道場)   0-3田畑明希(宜野湾)
伊良部朱那(金武卓球道場)0-3熊田陽(琉球アス)
原國柚月(金武卓球道場) 0-3 新里妃乃
決勝リーグ(2勝1敗)2位
宮城菜々美(金武卓球道場)3-1新里妃乃(与那原)
宮城菜々美(金武卓球道場)3-0田畑明希(与那原)
宮城菜々美(金武卓球道場)0-3熊田陽(琉球アス)
<女子ダブルス>
3回戦
原國柚月・林美希(金武卓球道場)0-3前田・神谷(西崎)
準々決勝
宮城菜々美・伊良部朱那(金武卓球道場)0-3新里・田畑(与那原・宜野湾)

全九州卓球選手権大会小学生の部

期日:平成29年8月27日・28日
会場:佐賀県総合体育館

バンビ 玉城真佑(金武卓球道場)ベスト8

全九州卓球選手権大会小学生の部

全日本卓球選手権大会ホープス、カブ、バンビの部

期日:平成29年7月29日~31日
会場:神戸総合運動公園内体育館

玉城真佑(金武卓球道場)ベスト32

全日本卓球選手権大会ホープス、カブ、バンビの部

第32回全九州卓球選手権大会小学生の部

期日:平成29年8月27日~28日
会場:佐賀県総合体育館

玉城真佑(金武卓球道場)ベスト8

 <男子団体>
予選リーグ
金武卓球道場1勝2敗
<ホープス>
2回戦
本仲崚雅(金武卓球道場)1-3豊田敦之(宮崎)
<カブ>
2回戦
玉城一真(金武卓球道場)0-3立石(福岡)
<バンビ>
2回戦
玉城真佑(金武卓球道場)3-0山城(宮崎)
3回戦
玉城真佑(金武卓球道場)3-0日高(福岡)
準々決勝
玉城真佑(金武卓球道場)1-3岡元(鹿児島)
<女子団体>
予選リーグ
金武卓球道場2勝1敗
<ホープス>
1回戦
林美希(金武卓球道場)3-0陣内(佐賀)
2回戦
宮城菜々美(金武卓球道場)3-0平尾(佐賀)
原國柚月(金武卓球道場)2-3中村(福岡)
林美希(金武卓球道場)0-3坂崎(熊本)
3回戦
宮城菜々美(金武卓球道場)3-0黒川(大分)
4回戦
宮城菜々美(金武卓球道場)0-3小塩(福岡)
<バンビ>
知念奏帆(金武卓球道場)0-3柳田(宮崎)

全日本卓球選手権大会ホープス、カブ、バンビの部

期日:平成29年7月29日~31日
会場:神戸総合運動公園内体育館

バンビの部で玉城真佑(金武卓球道場)が予選リーグ2戦全勝、決勝トーナメント進出するも二回戦敗退(ベスト32)
カブの玉城一真(金武卓球道場)は予選リーグを突破するも決勝トーナメント二回戦敗退

 <ホープス>
  予選リーグ
  本仲崚雅(金武卓球道場) 1−3 分島(岡山)
  本仲崚雅(金武卓球道場) 0−3 加山(兵庫)
 <カブ>
  予選リーグ
  玉城一真(金武卓球道場) 3−0 北村(滋賀)
  玉城一真(金武卓球道場) 3−0 山路(青森)
  決勝トーナメント

  一回戦
  玉城一真(金武卓球道場) 0−3 由本(岡山)
 <バンビ>
  予選リーグ
  玉城真佑(金武卓球道場) 3−0 大田(青森)
  玉城真佑(金武卓球道場) 3−0 畠山(新潟)
  決勝トーナメント
  一回戦
  玉城真佑(金武卓球道場) 3−1 亀地(愛知)
  二回戦
  玉城真佑(金武卓球道場) 0−3 郡司(宮崎) ベスト32

新報児童オリンピック卓球大会

新報児童オリンピック卓球大会 新報児童オリンピック卓球大会


新報児童オリンピック卓球大会 新報児童オリンピック卓球大会


期日:平成29年7月11日
会場:宜野湾市体育館

金武卓球道場は過去最多の28名が参加し、男子は団体優勝、五年生の部優勝四年生の部優勝、準優勝、三年生以下優勝、準優勝と五種目中四種目で優勝しグリーン旋風が吹き荒れた大会となった。
女子は団体準優勝、六年生の部準優勝、五年生の部準優勝、三年生以下三位と惜しくも優勝はならなかった。

<男子団体>
 準決勝
 金武卓球道場A 3-1 コザ卓球B
 決勝
 金武卓球道場A 3-1 コザ卓球A
 <男子五年生>
 準決勝
 本仲崚雅(金武卓球道場) 3-0 宇地泊友陽(ドリーム)
 決勝
 本仲崚雅(金武卓球道場) 3-1 パック海人(コザ)
 <男子四年生>
 準決勝
 玉城一真(金武卓球道場) 3-1 仲地寿喜(ハッピー学童)
  平良健太郎(金武卓球道場) 3-0 東(コザ)
 決勝
 玉城一真(金武卓球道場) 3-1 平良健太郎(金武卓球道場)
 <男子三年生以下>
 準決勝
 玉城真佑(金武卓球道場) 3-0 新垣凌大(ハッピー学童)
 佐久田朝躍(金武卓球道場)3-0 寺崎翔大(ハッピー学童)
 決勝
 玉城真佑(金武卓球道場) 3-1 佐久田朝躍(金武卓球道場)
 
 <女子団体>
 決勝
 金武卓球道場A 1-3 琉球アスティダ
 <女子六年生>
 決勝リーグ
 宮城菜々美(金武卓球道場) 3-1 嘉陽田(与那原TT)
 宮城菜々美(金武卓球道場) 1-3 熊田(琉球アス)
 熊田(琉球アス) 3-0 嘉陽田(与那原TT)
 <女子五年生>
 原国柚月(金武卓球道場) 3-1 新井(琉球アス)
 原国柚月(金武卓球道場) 0-3 熊田(琉球アス)
 熊田(琉球アス) 3-1 新井(琉球アス)
 <女子三年生以下>
 準決勝
 渡嘉敷向日葵 2-3 安里彩希(コザ)

全九州学生春季卓球選手権大会

期日:平成29年5月19日~20日
会場:福岡県

<女子シングルス>
 優勝
 城間春香(金武卓球道場・中村学園・福岡大学)

第22回全九州卓球選手権大会小学生の部県予選

期日:平成29年5月7日
会場:県総合体育館

金武卓球道場は、先週の全日本選手権小学生の部県予選に続き男子カブ、バンビを制しこれまでの個人戦優勝回数を112回から114回に記録を更新した

<男子団体>
 決勝
 金武卓球道場 1-3 コザ卓球クラブ
<男子個人>
ホープス
 準決勝
 本仲崚雅(金武卓球道場) 3-2 パック海人(コザ)
 決勝
 本仲崚雅(金武卓球道場) 0-3 伊佐和真(コザ)
カブ *全試合ストレート勝ちで優勝
 準決勝
 玉城一真(金武卓球道場) 3-0 東政正(コザ)
 決勝
 玉城一真(金武卓球道場) 3-0 宮城翔吾(コザ)
バンビ *全試合ストレート勝ちで優勝
 準決勝
 玉城真佑(金武卓球道場) 3-0 仲里豊吾(琉球アス)
 決勝
 玉城真佑(金武卓球道場) 3-0 當間愛翔(伊波)
<女子団体>
 準々決勝
 準決勝
 金武卓球道場 1-3 琉球アスティダ
ホープス
 準決勝
 宮城菜々美(金武卓球道場) 1-3 池間夢良(宮古)
バンビ
 三位 知念奏帆(金武卓球道場)

全国ホープス卓球大会兼全日本選手権ホープス、カブバンビの部県予選

期日:平成29年4月30日
会場:県立武道館

金武卓球道場は男子ホープス、カブ、バンビの三種目を制覇!
 男子団体、女子団体は残念ながら優勝ならず二位

<男子団体>
 準々決勝
 金武卓球道場A 3-0 ハッピー学童A
準決勝
 金武卓球道場A 3-1 コザ卓球クラブ
決勝
 金武卓球道場A 1-3 コザ卓球クラブA
<男子個人>
ホープス 本仲崚雅(金武卓球道場)がホープスの部初優勝!

決勝リーグ
 優勝 本仲崚雅(金武卓球道場)2勝1敗
 二位 伊佐和真(コザ卓球クラブ)2勝1敗
 三位 井出翔也(コザ卓球クラブ)2勝1敗
 四位 パック海人(コザ卓球クラブ)3敗 

カブ 玉城一真(金武卓球道場)がバンビの部に続き優勝

準々決勝
 平良健太郎(金武卓球道場) 0-3 方祥人(宮古ホ)

決勝リーグ
 優勝 玉城一真(金武卓球道場)3勝
 二位 方祥人(宮古ホ)2勝1敗
 三位 宮城翔吾(コザ卓球クラブ)1勝2敗

バンビ 全試合ストレート勝ちで玉城一真(金武卓球道場)が優勝!
 優勝 玉城一真(金武卓球道場)3勝
 二位 当真愛翔(伊波ジュニア)2勝1敗
 三位 上地悠正(宮古ホ)1勝2敗

<女子団体>
決勝
 金武卓球道場A 1-3 宮古島クラブ
<女子個人>
ホープス
 決勝リーグ
 優勝 池間夢良3勝
 二位 熊田陽2勝1敗
 三位 宮城菜々美(金武卓球道場)1勝2敗

第26回東アジアホープス卓球大会県予選

期日:平成29年3月12日
会場:県総合体育館

女子シングルス準優勝!宮城菜々美(金武卓球道場)

<男子シングルス>
 ベスト16
 平良健太郎(金武卓球道場)0-3 伊佐和真(コザ)
準々決勝
 玉城真佑(金武卓球道場) 0-3 井出翔也(伊佐)
玉城一真(金武卓球道場) 0-3 宮城心輝(琉球アス)
<女子シングルス>
 準々決勝
 宮城菜々美(金武卓球道場) 3-0 仲里きらり(琉球アス)
 原國柚月(金武卓球道場)  0-3 熊田陽茉梨(琉球アス)
準決勝
 宮城菜々美(金武卓球道場) 3-0 熊田陽花(琉球アス)
決勝
 宮城菜々美(金武卓球道場) 2-3 熊田陽茉梨(琉球アス)

平成28年 第36回県小学生卓球大会

期日:平成29年2月12日(日)
会場:県総合体育館

金武卓球道場が低学年の部男子団体に優勝し、団体優勝回数を29回に更新した。

男子高学年の部
<シングルス>

 ベスト8 久保田新望(金武卓球道場)
男子低学年の部
<団体>

 優勝 金武卓球道場
<シングルス>
 三位 玉城一真(金武卓球道場)
 ベスト8 玉城真佑(金武卓球道場)
女子高学年の部
<団体>

 三位 金武卓球道場
<シングルス>
 ベスト8 宮城菜々美、伊良部朱那(金武卓球道場)

第14回全国ホープス選抜卓球大会県予選

期日:平成28年12月25日(日)
会場:県総合体育館

女子五年生以下優勝宮城菜々美、男子三年生以下優勝玉城一真
各学年二位決勝トーナメント優勝本仲崚雅(金武卓球道場)
以上三名は県代表として3月24日〜26日に鳥取県で開催される全国ホープス選抜大会に県代表
として出場する。男子三年生以下は道場がベスト4を独占した。
<男子四年生以下>
 決勝リーグ
  本仲崚雅(金武卓球道場) 1−3 田畑雄飛(与那原)
  本仲崚雅(金武卓球道場) 3−0 パック海人(伊佐クラブ)
<男子三年生以下>
 準決勝
  玉城一真(金武卓球道場) 3−0 平良健太郎(金武卓球道場)
  玉城真佑(金武卓球道場) 3−1 佐久田朝躍(金武卓球道場)
 決勝
  玉城一真(金武卓球道場) 3−0 玉城真佑(金武卓球道場)
<女子五年生以下>
 準決勝
  宮城菜々美(金武卓球道場) 3−0 仲里望(知念)
 決勝
  宮城菜々美(金武卓球道場) 3−0 喜久山愛(宮古)

全九州卓球選手権大会一般の部県予選

期日:平成28年12月4日
会場:宜野湾市体育館

<女子シングルス>
  野原梨沙(金武卓球道場)ベスト8入りで県代表に決定
<女子ダブルス>
  野原梨沙・當銘穂佳(金武卓球道場)ベスト8入りで県代表に決定

全日本卓球選手権大会一般の部県予選

期日:平成28年11月13日
会場:沖縄市体育館

野原梨沙(金武卓球道場)四位入賞!

<女子シングルス>
 準々決勝
 野原梨沙(金武卓球道場) 3-0 大城愛乃(沖国大)
 決勝リーグ
 野原梨沙(金武卓球道場) 0-3 狩俣道世(沖国大)
 野原梨沙(金武卓球道場) 0-3 仲真萌希(沖国大)
 野原梨沙(金武卓球道場) 2-3 泉川香雪(中部大)

全日本卓球選手権大会ジュニアの部県予選

期日:平成28年10月9日(日)
会場:県総合体育館

女子シングルスは野原梨沙(金武卓球道場)が優勝し代表権獲得した。
今回の優勝で金武卓球道場は個人戦の優勝回数を107回に更新。
男子は、大城萩一がベスト8決定戦で惜敗、上位進出はならなかった。

全日本卓球選手権大会カデットの部県予選

期日:平成28年9月3日・4日
会場:県総合体育館

宮城菜々美(金武卓球道場)13歳以下女子シングルス準優勝

<男子13歳以下シングルス>
準々決勝
 久保田新望(金武卓球道場) 1-3 牧志(宮古南星)
<男子ダブルス>
準々決勝
 久保田新望・本仲崚雅(金武卓球道場) 2-3 比嘉要太・東政利(コザ)

<女子13歳以下シングルス>
準々決勝
 宮城菜々美(金武卓球道場) 3-2 砂川風子(宮古) 
決勝リーグ
 一位 新里妃乃(与那原TT)三勝
 二位 宮城菜々美(金武卓球道場)二勝一敗
 三位 上原希梨花(高嶺中)三敗

全九州卓球選手権大会小学生の部

期日:平成28年8月27日・28日
会場:大分県杵築市文化体育館

本仲崚雅(金武卓球道場)ベスト8

<男子シングルス>
予選リーグ
 金武卓球道場 3-1 長与南クラブ(長崎)
 金武卓球道場 2-3 石田卓球クラブ(福岡)
 金武卓球道場 3-2 宇土クラブ(大分)

<男子シングルス>
【ホープス】
一回戦
 久保田新望(金武卓球道場) 0-3 安田(宮崎) 【カブ】
一回戦
 本仲崚雅(金武卓球道場) 3-0 筒井(佐賀)
 玉城一真(金武卓球道場) 1-3 田中(福岡)
二回戦
 本仲崚雅(金武卓球道場) 3-1 谷藤(福岡)
三回戦
 本仲崚雅(金武卓球道場) 3-2 中島(鹿児島)
準々決勝
 本仲崚雅(金武卓球道場) 0-3 松田(熊本)
【バンビ】
二回戦
 佐久田朝躍(金武卓球道場) 3-0 古川(佐賀)
 玉城真佑(金武卓球道場)  3-0 福永(鹿児島)
三回戦
 佐久田朝躍(金武卓球道場) 1-3 辰口(大分)
 玉城真佑(金武卓球道場)  1-3 郡司(宮崎)

<女子団体> 予選リーグ
 金武卓球道場 1-3 ヒゴ鏡クラブ(熊本)
 金武卓球道場 1-3 宇土クラブ(大分)
 金武卓球道場 1-3  TRⅠ(福岡)

<女子シングルス>
【ホープス】
二回戦
 宮城菜々美(金武卓球道場) 3-1 佐加良(大分)
三回戦
 宮城菜々美(金武卓球道場) 1-3 上田(熊本)
【カブ】
二回戦
 原國柚月(金武卓球道場)  3-2 姫野(大分)
三回戦
 原國柚月(金武卓球道場)  0-3 栗山(福岡)

九州中学校体育大会卓球競技会

期日:平成28年8月11日
会場:大分県

野原梨沙(金武卓球道場)個人六位 全中出場権を獲得!

<男子シングルス>
一回戦
 大城萩一(金武卓球道場) 3-0 西熊(長崎)
二回戦
 大城萩一(金武卓球道場) 0-3 渡辺(大分)
 9,10位決定トーナメント
一回戦
 大城萩一(金武卓球道場) 1-3 中原(鹿児島)

<女子シングルス>
一回戦
 野原梨沙(金武卓球道場) 3-0 中村(大分)
二回戦
 野原梨沙(金武卓球道場) 3-1 柴田(熊本)
準々決勝
 野原梨沙(金武卓球道場) 1-3 榎谷(鹿児島)
 5.6位決定トーナメント
一回戦
 野原梨沙(金武卓球道場) 3-1 三島(熊本)
同決勝
 野原梨沙(金武卓球道場) 0-3 藤森(福岡)

県中学校総合体育大会卓球競技会

期日:平成28年7月22日、23日
会場:宜野湾市体育館

金武卓球道場男女シングルスを制覇!
<男子シングルス>
準決勝
 大城萩一(金武卓球道場) 3-2 吉田智也(石田中)
 兼島研斗(平良中)    3-0 仲宗根賢人(名護中)
決勝
 大城萩一(金武卓球道場) 3-1 兼島研斗(平良中)

<女子シングルス>
準決勝
 野原梨沙(金武卓球道場) 3-1 當銘穂佳(金武卓球道場)
 高山朝華(神原中)    3-2 国広朱季(宮里中)
決勝
 野原梨沙(金武卓球道場) 3-0 高山朝華(神原中)
   *野原は二年連続優勝

第36回新報児童オリンピック

期日:平成28年7月17日
会場:県総合体育館
金武卓球道場は個人戦8種目中4種目に優勝!
個人戦優勝記録を104回に更新した

<男子団体>
決 勝
金武卓球道場 2−3 コザ卓球クラブ

<女子団体>
決 勝
金武卓球道場 0−3 与那原TT

<男子シングルス四年生以下>
決 勝
本仲崚雅(金武卓球道場) 3-1 玉城龍(西崎クラブ)

<男子シングルス三年生以下>
決 勝
玉城一真(金武卓球道場) *対戦相手が棄権のため不戦勝

<女子シングルス六年生以下>
準決勝
伊良部朱那(金武卓球道場) 0-3 新里妃乃(与那原TT)

<女子シングルス五年生以下>
決 勝
宮城菜々美(金武卓球道場) 3-1 喜久山愛(宮古)

<女子シングルス四年生以下>
決勝リーグ
原國柚月(金武卓球道場) 3-0 国広沙希(コザ)
原國柚月(金武卓球道場) 1-3 新井天(琉球アス)
国広沙希(コザ)     3-0 新井天(琉球アス)
*勝率で原國柚月が優勝

第40回県社会人卓球選手権大会兼全日本マスターズ卓球選手権大会県予選

期日:平成28年7月10日
会場:県総合体育館

<女子フォーティシングルス>
優勝
大城尚子(金武卓球道場)
*今回の優勝で金武卓球道場は個人戦の優勝記録を100回に更新した。

県中学卓球選手権大会

期日:平成28年7月9日、10日
会場:県立武道館

野原梨沙(金武卓球道場)三年連続優勝!
大城萩一(金武卓球道場)は、惜しくも準優勝!


<女子シングルス>
準々決勝
野原梨沙(金武卓球道場) 3−2 知花茜奈(鳳ジュニア)
當銘穂佳(金武卓球道場) 3−0 上原(高嶺中)

準決勝
野原梨沙(金武卓球道場) 3−0 高山朝華(ドリーム)
當銘穂佳(金武卓球道場) 2−3 国広朱季(宮里中)

決 勝
野原梨沙(金武卓球道場) 3−2 国広朱季(宮里中)

<男子シングルス>
準々決勝
大城萩一(金武卓球道場) 3−0 宮里凌生(首里中)

準決勝
大城萩一(金武卓球道場) 3−2 澤岻世蓮(普天間中)

決 勝
大城萩一(金武卓球道場) 1−3 吉田智也(石田中)

*7月11日の新報に記事掲載あり

全国ホープス南日本ブロック大会
全九州卓球選手権大会 小学生の部県予選


期日:平成28年6月19日
会場:県総合体育館

<男子団体>
決 勝
金武卓球道場 0−3 コザ卓球クラブ

<男子シングルス>
【ホープス】
決 勝
久保田新望(金武卓球道場) 3−2 宮城青空(琉球アスティダ)

【バンビ】
決 勝
佐久田朝躍(金武卓球道場) 3−2 玉城真佑(金武卓球道場)

<女子団体>
三位決定戦
金武卓球道場 3−2 西崎クラブ

<女子シングルス>
【ホープス】
三位決定戦
宮城菜々美(金武卓球道場) 3−0 平良百喜(与那原)

【カブ】
六位 原國柚月(金武卓球道場)

nhk杯中学生卓球大会

nhk杯中学生卓球大会 nhk杯中学生卓球大会


nhk杯中学生卓球大会 nhk杯中学生卓球大会


期日:平成28年5月21日、22日
 会場:県総合体育館

会場にはグリーン旋風が吹き荒れ、金武卓球道場が男女シングルス、男女ダブルスの四冠を達成した。
<男子ダブルス>
準々決勝
大城萩一・東江風河 3−0 宮平悠太・上田一貴
(金武卓球道場)       (琉大付属)

準決勝
大城萩一・東江風河 3−1 兼島研斗・砂川朝博
(金武卓球道場)       (平良中)

決勝
大城萩一・東江風河 3−2 兼島幸祐・本村葵
(金武卓球道場)       (平良中)

<男子シングルス>
準々決勝
大城萩一(金武卓球道場) 3−2 兼城圭祐(首里中)

準決勝
大城萩一(金武卓球道場) 3−2 兼島研斗(平良中)

決勝
大城萩一(金武卓球道場) 3−2 横田恵叶(平良中)

<女子ダブルス> 金武卓球道場二連覇!
準々決勝
野原梨沙・當銘穂香 3−1 冨名腰瑠衣・大田藍
(金武卓球道場)       (糸満中)

準決勝
原梨沙・當銘穂香 3−0 上原・上原希梨花
(金武卓球道場)        (高嶺中)

決勝
野原梨沙・當銘穂香 3−0 高山朝華・諸見里彩
(金武卓球道場)        (ドリーム)

<女子シングルス>   金武卓球道場が一位、二位を独占!
準々決勝
野原梨沙(金武卓球道場) 3−0 諸見里彩(ドリーム)
當銘穂佳(金武卓球道場) 3−2 知花茜季(読谷中)

準決勝
野原梨沙(金武卓球道場) 3−2 国広朱季(宮里中)
當銘穂佳(金武卓球道場) 3−0 高山朝華(ドリーム)

決勝
野原梨沙(金武卓球道場) 3−0 當銘穂佳(金武卓球道場)

県中学校新人卓球選手権大会

期日:平成28年1月9日・10日
会場:県総合体育館

野原梨沙二位・當銘穂佳三位  大城萩一三位・東江風河ベスト8

<女子シングルス>
準々決勝
野原梨沙(金武卓球道場) 3-1 知花茜季(読谷中)
當銘穂佳(金武卓球道場) 3-0 新垣春佳(真志喜中)

準決勝
野原梨沙(金武卓球道場) 3-1 国広朱季(宮
當銘穂佳(金武卓球道場) 1-3 高山朝華(ドリーム)

決勝
野原梨沙(金武卓球道場) 1-3 高山朝華(ドリーム)

<男子シングルス>
準々決勝
大城萩一(金武卓球道場) 3-1 土屋 哲(普天間中)
東江風河(金武卓球道場) 1-3 宇久田龍也(真志喜中)

準決勝
大城萩一(金武卓球道場) 1-3 国広駿介(宮里中)

第35回県小学生卓球大会

期日:平成28年2月14日
会場:県総合体育館

低学年の部
男子団体優勝 男子シングルス優勝・本仲崚雅
女子シングルス優勝・宮城菜々美

<男子団体>
準決勝
金武卓球道場 3-1 ハッピイ学童

決勝
金武卓球道場 3-0 コザクラブ

<男子シングルス>
準々決勝
本仲崚雅(金武卓球道場) 3-1 名城侑太(ハッピイ)
玉城一真(金武卓球道場) 3-2 宮城心輝(アリスト)

準決勝
本仲崚雅(金武卓球道場) 3-0 比嘉俊貴(コザ)
玉城一真(金武卓球道場) 1-3 パック(那覇クラブ)

決勝
本仲崚雅(金武卓球道場) 3-0 パック(那覇クラブ)

<女子シングルス>
準々決勝
原國柚月(金武卓球道場) 3-1 上原南羽(西崎クラブ)

準決勝
宮城菜々美(金武卓球道場)3-0 熊田陽花(琉球アス)
原國柚月 (金武卓球道場)0-3 砂川藍衣(宮古)

決勝
宮城菜々美(金武卓球道場) 3-0 砂川藍衣(宮古)

第25回東アジアホープス卓球大会県予選

期日:平成28年4月3日
会場:県総合体育館

宮城菜々美(金武卓球道場)三位、久保田新望(金武卓球道場)四位
代表権獲得ならず!

第34回全国ホープス卓球大会兼全日本卓球選手権大会県予選

期日:平成28年5月1日
会場:県総合体育館

男子団体二位、女子団体三位、本仲崚雅・玉城真佑代表権獲得!

<男子シングルス>
【ホープス】
久保田新望(金武卓球道場)
予選リーグ二勝一位 決勝リーグ三敗 四位

仲宗根健也(金武卓球道場)
予選リーグ一勝一敗

【カブ】
本仲崚雅(金武卓球道場)
予選リーグ二勝一位 決勝リーグ二勝一敗 二位(代表権獲得)

玉城一真(金武卓球道場)
予選リーグ二勝一位 決勝トーナメント一回戦敗退

平良健太郎(金武卓球道場)
予選リーグ一勝一敗

【バンビ】
玉城真佑(金武卓球道場)
予選リーグ三勝 決勝リーグ二勝一敗 二位(代表権獲得)

仲宗根武輝(金武卓球道場)
予選リーグ二勝一敗

佐久田朝躍(金武卓球道場)
予選リーグ二勝 決勝リーグ一勝二敗 三位


<女子シングルス>
【ホープス】
名嘉亜咲妃(金武卓球道場)
予選リーグ一勝一敗

伊良部朱那(金武卓球道場)
予選リーグ一勝一敗

宮城菜々美(金武卓球道場)
予選リーグ二勝 決勝トーナメント一回戦

【カブ】
原國柚月(金武卓球道場)
予選リーグ一勝一敗